オスグッドシュラッター病の施術



スポーツをするときに膝が痛む、スポーツを禁止し安静にと言われた、プレーをするたびに痛みが出る、昔痛めたところが痛む時がある

 

というような症状で困っていませんか?

一般的にはオスグッドシュラッター病はオーバーユース(使い過ぎ)による成長期のスポーツ障害のひとつです。成長期には骨格系が急激に成長しますが、筋肉や腱などの軟部組織の成長はそうはいきません。激しい運動や長い運動時間、運動後のケア不足により軟部組織は硬くなっていきます。結果、大腿四頭筋が硬くなり、ジャンプやダッシュなどを繰り返すことにより筋肉の付着部である脛骨粗面に牽引力がかかり痛みを伴うと言われています。

が、しかし、当院にいらっしゃる患者様の多くは身体全体のバランスが崩れた結果膝に一番負担のかかる状態になっているために痛みがでています。バランスを整え運動してもらうとほぼ痛みはなくなります。病院や治療院で改善されない方は来院お待ちしています


〠981-0215 宮城県宮城郡松島町高城字町41

022-354-5508

support@luz-yoko.com

受付10時〜20時(土日10時〜15時まで)

詳しくはこちら >


友だち追加 ID:@dvx3768j

こんなお悩みありませんか?

| 交通事故によるケガ・ムチウチ | 肩こり | 腰痛 |

当院は、これらの症状に自信を持っている接骨・整体院です。